「立ち拭き」で悪いか!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ギックリ腰の死闘! 

右フックだった。
ヤツの攻撃をスウェーでかわし軽く合わせた中腰の右。
拳を出した瞬間、腰に違和感を感じ、
振り抜いた時には膝をついていた。

そう、初めてのギックリ腰。


高校1年 in Autumn。

「痛たたた。だめ、ムク、だめっ! 動けないって。
ボクシングは中止だってのっ」


もちろん興奮した犬は止まりません。

20051022074940.jpg


「ダメだって、もう僕も四つん這いになってじゃん、察しろよ!!」

はい、犬は察しません。

「あー、痛いから。脚にしがみつかない。

ダメだって、腰振らないの!!」

遊びのルールが変わったことだけは感じたのか、
前脚を上げて飛びかかることはしなくなったムク(本名:ムクJr)
私の脚にしがみつき交尾のまね事をするのでした。
「やめて~、ムク。もう揺すらないで~、死ぬー!!」


20051022075001.jpg


自宅の小さな庭に私の悲鳴がこだまし、
家から出てきた母親に救出され、
その日は1日中寝ていたのでした。

高1でギックリ腰もどうかと思うが、
問題はここで終わらなかったのです。
じつは前日、女子校の文化祭に参加していたのだ。
しかも生涯最初で最後の……。
(まだチャンスがあるのかもしれないけど、
タイーホされちゃいそうだよね!
まあ、そんな些細なこと、


欲望の前に吹っ切れるかもしれないから「最後」は訂正ね

しかも同級生にその姿を目撃されていた。
たんに中学時代の友達に誘われただけなのに……。

土曜日――女子校文化祭
日曜日――ぎっくり腰
月曜日――腰痛のため体育欠席

血気盛んな高校生が、こんな状況を放っておくはずはない。
「たろー、文化祭の後ヤッタんだろ~」

(といってもダサイたろーは絶対にヤッテないという口調で) 
「やらねぇよ」
(童貞なのに疑われるなんて憤慨という口調で)
「じゃあ、なんでぎっくり腰なんだよ~」
(大丈夫だって、誰も疑ってないからという口調で)
「い、犬とボ、ボク」

言えるか~!
もっと恥ずかしいわ!!
犬とボクシングしてぎっくり腰になって、


その後メス犬気分で襲われたなんて。

ともあれ、

犬に襲われ「ネコ」になった男の話でございました。


おあとがよろしいようで m(_ _)m

―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
これまで数回ぎっくり腰になっているけれど、
ホントに間の悪いときになるんですね ○| ̄|_
この件については日を改めて報告します。

実は一昨日から事務所の周りで蚊が大発生してまして、
換気扇なんかから入ってくるんス。
一晩泊まって、次の日の夜まで17匹取りました。

こんな状態ですね←ボクの気分が理解できました?
あー、いま事務所に蚊柱とか立っていたらどうしよう……。

来週こそ女性フィギュアを登場させよう!
写真合成の時間がなくてスタンバってもらってますが、
お楽しみに!
では、また来週。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/22(土) 08:06:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

耳たぶよりちょっと柔らかい○○○

正直、わが社ではもっとも「普通」と評判の私ですが、
どうも世間一般では「異端」に分類されるらしいことを、
ブログを通して噛みしめている今日このごろです!

でも今回の話題は大丈夫!
誰でも生涯に1度ぐらいは体験していることだから、
みんなと体験を共有できると思います。


あれは1年ほど前、たしか午後8時ぐらいのこと。
喫茶店で原稿の執筆を終え、
電気を消したまま会社の階段を
鼻歌まじりにのぼっていたときでした。

最初に異変を感じたのは鼻。
何だかツーンとくる匂いが……。
「あー、また猫が小便したか」と
雑居ビルの宿命(?)を感じつつドアを開けようと足を止めたら、

ん!? 2度目の違和感。
足がねっぱる。

でも勢いのついた中年の身体は止まらん、止まらん。
一気にドアを開け、中に1歩、2歩。

そのときステゴザウルス並みに反応の遅い鼻が
刺激臭の分析結果を脳に伝えたのでした。


ぎゃー、ウンコ!

振り返ると編集部の床にもウンコの靴跡が1つ。
「助けて、動けない、そこのサンダル取って、早く~」
オヤジたろー、かわいい学生バイトさんを涙声で呼んだのでした。

「どうしたんですか? そんなに慌てて」


「いや、ウンコ、ウンコ。

右足がウンコなの~」


もう、パニクっている私の話はわけの分からん状態ッス。
ただ異様な雰囲気を察したのかサンダルを私の前に置いたバイトさん、


若干後ずさりしました……。

しかし、そんなことにかまってはいられない。
まず、そっと靴を脱ぐ。
幸いなことにデッキシューズは脱ぐのがラクだった。
これが踵を持って引っこ抜くブーツだったらどうなっていただろうと
ホッとしつつ脱いだ靴をひっくり返したら!


ど~ん!

直径7センチほどに引き伸ばされたウンコが……。

ちょうど半乾きだったとき踏み潰し、
歩きながらこねたウンコは適度な硬さと粘りをもってひっついてるのでした。
発酵前、少し水気が多めのパン生地みたい。
ねっぱります!


ふふ、いわゆる耳たぶより

ちょっと柔らかい硬さかな


しかし仮にも千代田区だよ。
昼間にウンコをみかけることすらほとんどないのに、
どうして夜踏む?
いや踏むだけならまだしも、

どうして事務所まで 
「Take Out」 するの!

我ながら情けない……。

とにかく靴を新聞紙に乗せ、外に出すため階段の電気を付けたら、
予想通り階段にもウンコの靴跡が!

ただし、ご機嫌だった私は1段抜かしで階段をのぼっていたので
足跡は4段に1つでした


「やっほー!」とか言ってる場合じゃねー。

さっそく掃除ッス。
洗剤をぶっかけ、ペーパータオルで拭き取り、
すべて捨てるという地球に厳しい掃除方法で一気に清掃!


20051013233436.jpg


さて、残ったは元凶の靴。

けっこうな量の
 “ご本尊” が残っているため、

このまま履いて帰るわけにはいかない。
とりあえず手にペーパー巻き付け拭き取ることに。

力を入れてゆっくりとペーパーを動かすと
靴の裏が段々と平面になっていきやす。
若干拭き残しが出るものの7割方現状復帰!
白い靴底も返ってきた。

ん? でも、靴の先に残った黄色い縁どりは何?
白い靴底にクッキリ残る半円。

はい、ウンコで埋まった幅3ミリ深さ5ミリほどの溝でした。


20051013233402.jpg

実物です(ウンコなし!)

皮とゴム底を縫い付けた糸が収まる溝。
これ、ファッションなのか……。
って、よくみると靴底中央に彫られたHawkinsの文字と
Hを丸で囲ったロゴも黄色くないっすか!

本来なら丸洗いしたいところだけど、
水道はみんなが使う洗面所のみ。
(お茶を飲むための水もココからね)


いやー、バイトさんがいなけりゃ

洗っていたけれど、


さすがに見てる前で、そこまで不潔なことはできません。

残った手段は掻き出すのみ……。

バイトさんにどうしたらいいかを相談すると、
「爪楊枝はどうでしょう?」と。
おー、グッドアイデア!
さっそく使っていないコンビニの箸袋から爪楊枝を取り出し、
便所で靴の溝からウンコを掻き出します。


20051013233316.jpg


細かい固まりとなってそっと便器に落ちていくウンコ
鼻を襲う強い刺激臭
それでも丁寧に爪楊枝を動かすと
さっきまで黄色だった「Hawkins」も真っ白に
あ~、幸せ


なんてことあるか~!

ただ自信を持って言わせてもらうけど、
溝からの掻き出しは職人レベルになったね。
無心で20分ぐらいやっていたから。

まあ、つまりは次踏んでも大丈夫ってことだな。

バッチコイ!


―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
最近、立て続けにこのブログを紹介してくれる方が出現!
奈起さんHaruさんひで(-_-)/~さん
ありがとうございました。

でも、1つ疑問。
どうしてこのブログを「ヤバイ系」に分類するのだ~!?
奈起さんは
「注意:人の目が気になるところでは見ないでください」と。

やっぱり、このブログってヤバイですか?
以前、フィルタリングシステムに引っ掛かり
会社で読むこことができないというメールをいただこともありまして……。
コンピュータごときが俺様のブログを「卑猥」と決め付けるなど、
ふとどき千万とか思っていたけれど、


やっぱコンピュータ正しい?

まあ、さすがにまったく自覚がないわけでもないんですよ。

というのも、現在
 「トラックバック童貞」 なので、

(またフィルタリングシステムが反応するのでしょうか)
トラバをかけたいんッス。

ところが、まずトラバできる話題が見つからない!

「立ち拭き」「網タイツ被り」「うんこ踏み」「脱毛出血」「大人 おしゃぶり」
どれでググッても適当なのが……。

いや、共有できそうな話題があったりはするの。
でも、イギリスの町で犬の糞が多いという話題にトラバとか!?
もう完全に嫌がらせでしょう。


いきなりスパム!

というわけで私の「トラバ童貞」を奪ってくれる方、大募集です。
いきなりこんなブログのトラバが付いていても、
固定読者から反発がこないブログをお書きの方、
「付けていいよ」とメールくださいませ。

ちなみに今後の予定としては、
滝行や腰痛、着ぐるみ、撮影会などの話題を考えています。
あっ、「トラバ童貞を奪う」という話題でも付けにいきます(笑)

よろしく m(_ _)m

  1. 2005/10/14(金) 00:10:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

おしゃぶりが悪いか!

ついに「立ち拭き」姉妹が現れ、
ひっそりComment欄が熱くなっております今日この頃ですが、
皆さん、お元気ですか?

最近、実際に人形を濡らさず
ずぶ濡れのようにフォトショップで加工するにはどうすればいいの、
と聞き回りまくり気持ち悪がられているたろーです。

でも経験から言えば、
気持ち悪がられているうちは、まだまだ人として認められているの。
本当にショッキングな光景に出くわすと、
身体が拒否したかのように徹底的に無視するもんなんです。
知ってました?

あれは7年近く前になるでしょうか。
当時の悩みは、締め切り前の過食。
「原稿が上がらねー!」とか思うと、ついつい食べちゃう。
太るし、胃はもたれるし、ロクなことがない。

そんなわけで締め切りに前になると、
「口寂しいのが止まらね~!」と大絶叫し
周りの人間に多大な迷惑をかけていたのでした。

そこに登場したのが先輩の「美人」編集者。
社内ではどうしても美しいと感じられないのに、
社外の人に写真を見せるとどよめきが起こる方です。


「食べ物ではなく、

口唇的欲求をなくせばいいんじゃない」と


穏やかな笑顔で提案した彼女は、
ある日、誕生日プレゼントとして


おしゃぶりと育児用の歯固めをくれたのでした。

20051007025259.jpg



もちろん試しましたとも!

言わずもがなの締め切り前!

青のおしゃぶりを口にくわえたら、ありゃ、ありゃ、けっこうイイ感じ。
歯にくわえれば話しもできるから社内生活も問題なし。
煙がでるわけでもないし他の編集部員に迷惑もかからん。
もちろん僕は太らない!

完璧じゃん。
さすが、先輩!!


書きましたとも! おしゃぶりくわえて!!

幸い、そんなことで驚く上司や同僚などいない。
時に唸り声をあげ、時におしゃぶりを吸う音を響かせながら、
進むよ、進む、原稿は!

ただし席がちょっと悪かった。
編集部の入り口に近かったんだな。
しかも執筆中、営業マンが打ち合わせに。

「トントン!」
ドアをノックする音が響く。
邪魔すんなよと思いながら、
おしゃぶりを歯でくわえ「はい。どうぞ」と怒鳴る僕。

で、開けた途端、


苛立った顔でおしゃぶりをくわえる「小オヤジたろー」に営業さん直面!

20051007025245.jpg


瞬時に営業さんの顔に緊張がはしったね。

〈ヤバイもん見ちまった〉

〈アイツ、そうとうキテる〉

〈無視するしかね~!〉

パニクる自分を律し、
営業さんは顔を強ばらせたまま視線を外した。
偉い! さすが営業!!
もちろん無言のまま事務所の奥へと歩を進める。
そのとき彼の心では、
「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ」と連呼していたことでしょう。
しかし、そんな彼の心の声に配慮なく


私、おしゃぶりを吸ったのでございました

「チューチューチュウ~」

20051007160146.jpg


彼の背中越しに響きく甲高い音。
そんな音をまったく気に留めない編集部の面々。

すいません。たぶん彼は怖かったと思います。
このときは原稿に夢中だったのですが、書き終えてから反省しました。
で、おしゃぶりを封印したと。
いや、具合良かったんだけどね。太らないし、落ち着くし。

でも問題が解決すりゃいいってもんじゃないッス。
そう、人らしく生きるために、人は悩むのでした。


最低限の世間体を知り、
また一歩退屈な大人に近づいた
たろー29歳の春のことでございました。

―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
「立ち拭き」姉妹って、ちょっと語感が良くないですか?
三人姉妹とか、こまどり姉妹とか、オルセン姉妹とかに、
負けるとも劣らずの語感であります。

そんな立ち拭き姉妹の片割れenさんが、
母親に「立ち拭き」教育の有無について勇気だして聞けるよう
彼女のブログも応援してあげてください。
ココ 

http://blog.tanteifile.com/hsg_diary/


さっ、これでますます「歪んだ欲望で暴走する男」の像に近づいたよん!
人形いじるし、
網タイツかぶるし、
しまいには女子高生に「立ち拭き」教育の有無を確認……。

やべー! ご近所から通報されても文句言えね~!
こんなの軽犯罪で捕まっても、
絶対に不起訴にならん!

共謀罪とかの反対運動でもするか、本気で……。
  1. 2005/10/07(金) 03:29:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。