「立ち拭き」で悪いか!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

煩悩からの卒業~♪(井上マー風にどうぞ)――(3)

本堂からしびれた足をひきずりつつ出ると、
いよいよ男性は滝行だという。

修行に真剣な人たち(つまり私以外なのか?)が
滝に向かって足早に歩いていく。
私は足が痺れているうえに、
かけているメガネをどうするんだという疑問で頭がいっぱいになり、
もうグタグタです……。

いや、メガネかけての滝行は無理でしょう
ものスゴイ量の水が滝壺に向かって落ちて落ちているから、
絶対に流れていくよ、うん。


「メガネ、メガネ」って、滝壺で“横山やすし芸”が許されるはずもない。
(当たり前です)
仕方なく更衣室に駆け込みメガネを置いてきたのでした。
当然、滝行待ちの順番は男性最後に。
と、そのとき閃いたのでした。


この白い着物って水で透けないのか???

まさかな~、そりゃキャバクラ超えて風俗になっちまう。

でも、だよ。

そもそも不心得者のくる確率の低い場所だけに、

けっこうみんな無頓着だったりして。



ほとんどの参加者が私と同じく
行場で借りた着物を身につけているはずなのだが、
少なくとも私の借りた品はかなり薄地だ。
しかも列の最後尾。
あと10分程度で読経を聞き終わった女性修行者が
私の後に並ぶじゃないか!
滝を打たれた人から着替えて解散していくシステムだけど、
この順番なら見られるかも~~!

あ~、間違いありません。

本日「パブ多嬉(TAKI) 高尾山支店」の“白装束デー”に
迷い込んでしまったようです。
(完全に私だけのようですが……) と、こんなバカなことを考えているうちに、
滝行に突入ッス


20051129094513.jpg

Photo by (c)Tomo.Yun

冷てぇー。

すっごい水圧に頭がクラクラします。
俗世の煩悩もどんどん体から流れ出していきます。
正直、かなり浄化されました。
(すんません。俗すぎる身体で……)
きっと直前の“お掃除タイム”さえなければ、
もっと煩悩を落とせたことでしょう。
ついでに「透ける疑惑」もなければ……。

漂白剤とインクを一緒に流しこんだような頭で、
滝から出て自分の胸を見てみると、
さすがに透けてませんでしたwww
メガネをはずしているせいではなく。


どこかホッとした気持ちで服に着替え、
一緒に滝行をした友人と登山を楽しみます。

その道すがら「掃除中に見た『雛ちゃん』にやられ、
まったく修行にならなかったと伝える」と、
かなりの勢いで怒られました……。

「たろー君、ダメだよ。
僕も待合室でチェックしていたのに!
なんで掃除中に教えてくれないの!!」


お前もかい!?

「はあー、実際に見るより、
見られなかった悔しい思いを抱えた方が
はるかに煩悩がたまる……。

想像しちゃうでしょ」と苦しげな顔を。

というわけで参加者煩悩ランキングは、
奇跡的にブービー賞を勝ち取り(?)ました。


ちなみに“修行”から1年。
いまだに友人は悔しがってます。

まあ、修行が足りないんですね、彼は!


―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
更新もコメントの返しも遅れすみませんです。
バタバタするとすぐブログを放り出してしまうのですが、
辛抱強くおつきあいをお願いしますm(_ _)m
どうもテンパってくると、
主要な電源以外をみな落とす、
4畳半アパートのブレーカーみたいな性格でして……。

さて、滝行ですが、夏なら気持ちいいと思いますよ。
かなり水は冷たいですが。
僕みたいな巡り合わせでなければ(笑)、
あるいは僕の友人のように最低の友達を連れて行かなければ、
きちんと修行できるはずッス。
とにかく滝に浴びたという事実が、
かなり悪行を洗い流した気分にさせてくれるから。
高尾山薬王院のHP「体験修行ご案内」に連絡先が書いてるので、
興味ある人はどうぞ!

自分に似合わないつながりでいえば、
最近、合気道を始めたんですね。
友人からすすめられて。
これが意外にも面白いの。

しかも、投げるよりなぜか投げられる方がイイ。
道場に転がされると嬉しそうに笑う初心者がいたら
間違いなく私です。
投げられるたびに満面の笑みで起きあがってくるので、
一緒に練習する人はブキミかもしれません。
やっぱりM気質が合気道で開花したのかな???

「笑う起きあがりコボシ」
稲川淳二に語らせたら怖そうじゃない?
「あーこの人、雰囲気がおかしいなと思いながら、
どーん、と投げるの。するとニタニタと笑いながら起きてくる。
おかしいな~と思って、またどーんと投げるでしょ。
そうするともっと笑って(以下略)」



スポンサーサイト
  1. 2005/11/29(火) 09:57:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

煩悩からの卒業~♪(井上マー風にどうぞ)――(2)

いか~ん!!

せっかくの修行です(変な表現だな……)。
プールのシャワーが温水じゃないとスネる私が、
金払ってまで冷たいの滝の水を浴びにきたの。
しかも溢れる煩悩を洗い流すためだよ。
思い立っただけでも我ながらエライ! 

ならばせめて滝行の1時間ぐらいは修行に専念しなくては……。
ていうかしたい。

お願い神様、できれば専念させて。
だいたい邪心のおかげで、
ほうきが他の修行者に取られちゃったじゃないですか!
まあ、膝上ふとももアタックにやられた自分が一方的に悪いのですが……。

さあ、掃除、掃除。
修行の場を清めることで心を清め、
さらに滝できよ……って、オイ!


いけません!!

前屈みになって落ち葉を拾うのは。
着物ですから……。


見えてます。色白の谷間が

これは往年の雛ちゃんの技。
前屈み、上目遣いの胸元見せ。

イエローキャブ内ではやや消極的な胸だった
雛形あきこ渾身のエロポーズ


ここに完全再現 in 高尾山

20051111011111.jpg

Photo by (c)Tomo.Yun

無理です。
これは修行なんて無理。
修行というよりED検査みたいなものだもん。

「はい、たろーさん、色白美人の膝上丈の着物はいかがですか?」
「はい、きちんと反応してますね」
「じゃあ、正面からの胸元は、はいはい大丈夫ですね。異常なしと」
てな感じですか……。

しかし、どうして他の参加者は整然と掃除に励めるのでしょう。
不思議です。


動悸がおさまらないままに、
ポーッと掃除を続けていると
男の参加者だけに集合がかかりました。
滝行の前にお経をあげるとのこと。
不動明王が祀られている広さ6~7畳の本堂に
20人ほどの男が入り正座。


アカ~ン、正座弱いんです ○| ̄|_

読経が始まって数分でしびれ始め、
脚を崩しそうと思って横を見たら、


インド・パキスタン系の外人が

見事に正座してるじゃないですか。


その姿微動だにせず!
この状況で気弱な日本男児が脚を崩せるはずもなく、


ひとり勝手に修行に突入~

板の間に痺れる脚、きしむ膝、そして思い起こすは白い胸元。
不埒で脆弱な私をご本尊の不動明王がガン見してます……。
ひぃー、すんません(T_T)


映画版『アキラ』のラストシーンのごとく
膨れあがる煩悩に悩まされつつ、
次号、滝行に突入。
(つづく)


―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
以前、この話を霊感の強い人に話したら、
「神様に試されたんじゃない?」と言われました。
いや~、試されるまでもなく、速攻で誘惑に負けました。

しかし、いまだに思うんだけど、
ほかの参加者は彼女の様子を見ていなかったのかな~。
あれだけ人数いて、僕がだけが誘惑に負けたとしたら、
それって、けっこう最悪ッスね。

そうそう先日、
「予備校で先生になったらきっと人気でるよ」とバイトの大学生におだてられ、
「じゃあ、現役女子高生に頬ずりしても大丈夫かな~」とにやけたら、
本気で引かれました!
(その引かれた現場となった食事会の僕を、
参加した女性がイラストにしてくれました。
ちなみに描かれた様子はフレンチを食べながら
一角獣のマネをする私。

なぜ一角獣かはご想像通りです、はい……。

→現物はココ! 

やっぱオレ、気持ち悪いみたいです。いろんな意味で……○| ̄|_
  1. 2005/11/11(金) 01:35:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

煩悩からの卒業~♪(尾崎豊風にどうぞ)――(1)

煩悩だらけの生活でいいのか!
もっと清く正しく生きるべきではないのか!
そう思ったことありませんか?

家庭を持たず、寝坊さえ許される会社に甘え、
ダラダラと日々を過ごして良いのかと、
昨年秋、35歳の私は考えたわけであります。


で、思い立ったのが THE 滝行

場所は小学校の遠足で行ったこともある高尾山。
せっかくだからとケーブルカーを使わないで
ふもとから徒歩で修行場に到着しまスタ。

体力の衰えを危惧して早めに出発したので、
40分前には到着。
もちろん一番のりです。
いつも遅刻三昧なのに素晴らしい!
執着と煩悩を捨てまっとうな人生を始めるために、
滝に打たれたいと真剣に思っていたのでした。

ただ、滝行開始15分前にちょっとした暗雲がたれこめる。
次々と待合室に入ってくる参加者の中に、


すげーカワイイ娘がいたの!!

年の頃は25歳ぐらい、色白で整った目鼻立ち、
眼がちょっとどこかに行ってしまっているのも、
妙に色気を感じるではありませんか。

カワイイ娘と一緒に修行できてラッキー

はい、洗い流すはずの煩悩がまた1つ増え109個になりました。

でも、まだまだ気分は修行僧。
まず白装束の着物に着替え、
僧から簡単な滝行の説明を受ける。
御本尊である滝に自分の体を入れる神聖な行為こそが滝行
との解説に深く納得。

「では、行の場所を清めるために掃除から始めましょう」
との僧のお言葉にもメチャクチャ頷きまくって
生まれて初めて掃除に猛烈なやる気を感じたのです。
猛然とほうきを取りに行こうとした時、
不意に視覚に飛び込んできたモノあり!


20051105035955.jpg

Photo by (c)Tomo.Yun

ここ、コスプレキャバクラですか~!?

いや、膝上ミニはヤバイでしょ。
しかも白い着物だよ。
これまでの合コンなどで眼にしたどの勝負服よりもそそります


絶対、彼女の私服よりいけます、明らかに

めっちゃ、タイプっす。
眼の自動追尾システム作動。
あー、修行魂が溶けていく~。
(つづく)

―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
今回、更新が遅れてごめんなさい。
先週はオヤジの法事出発直前まで、
この画像処理に励んでました。
なのに、ちょっと間に合わなかったのだ……。


せっかく罰当たりな気持ちで頑張ったのに!

話は変わりますが、
いくらなんでも文章が長すぎるだろうと、
友達からアドバイスをもらいやした。
確かにね~、好き放題書いているから長い長い。
こりゃ、読みにくいか(笑)

で、今回から少し短くして続き物にしようと。
ついでに週2~3更新したらどうかなと。
書く手間はそんなに変わらないし。

それから今回の滝写真は、
ゆんフリー写真素材集さんからお借りしました。
こんな変な加工が施しましたが、
加工前はメチャクチャきれいッス。
ありがとうございました m(_ _)m
  1. 2005/11/05(土) 04:12:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。