「立ち拭き」で悪いか!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本バトン

お久し振りです。
さて、本バトンです!

「つーか、いつのバトンだ」とか、
「そもそも、いつぶりの更新だ」とかの質問はなしです(笑)
(ふふふ、7月1日以来、2ヶ月チョイぶりの更新ッス!)

ほぼ1ヶ月半もの間、仕事に没頭していたわけです。
まあ、夏の恒例行事ですね……。
夏の始まりとともに編集部に泊まり込み始め、
しばらくぶりに外にでると秋風が体にしみるってな過ごし方を、
もう5年近く続けています。
まあ、夏なんか嫌いだからいいんですが……。

久しぶりに自分のブログをのぞいてみたら、
なんと!
 

立ち拭きの人が増えているではありませんか。


カミングアウト、ありがとうございます。

本当に嬉しい。
やっぱりいたんだ。
しかも、みんなが座って拭いていたこと知らなかった人まで。
わかりますよ、その衝撃。
「立ち拭き派」を集めて、いつか「立ち拭きoff」を開きましょう。
世間に立ち拭きがいることを知らせねば!
で、いずれは政党に。
立ち拭き党党首たろー。いいですね~。


「いいですか、争点は「拭き方改革」です。
いままでのケツの拭き方をぶっ壊すという公約を、私は守ります」

とか政見放送してー!


さて、本題。


◆部屋にある本棚の数

 本棚2つ&カラーボックス2つ、段ボール1つ
 カネは貯まらんが本はたまる。積読本も山ほど。家がきしんでいる可能性ありなのよね。一応、仕事に使う予定の本は捨てられないし(専門書に近い本なんて、捨てたら絶対に手に入らないでしょ!)。
 ちなみにカラーボックスは不倫関連書籍とホームレス関連書籍を入れてます。どっちも開けるたびに目まいしそう……。



◆最初に買った(読んだ)本

 最初に買った本は覚えていない。星新一とか眉村卓あたりだった可能性大。ただし最初に読んだ本は覚えているのだ。だって選択肢ないから。
 とにかく幼稚園から小学校1年ぐらいまで、『きかんしゃヤエモン』だけに粘着していたらしい。始終『ヤエモン』を母親に突きつけては、「読め」と騒いだらしいから。
 で、そのまま文字が分かるようになって、「ヤエモン」を読んだと!
 たまに「しゃしゃしゃしゃ、しゃくだ、しゃくだ」と


口ずさんで怒っているときがあるから、

三つ子の魂百までってことね。
 30代中盤すぎて、まだ『きかんしゃヤエモン』の影響を受けているのもどうかと思うが……。


写真1


◆今読んでいる本

杉山春「育児放棄 ネグレクト」
V・S・ラマチャンドラン「脳のなかの幽霊」
リック・アトキンソン「彼らはヴェトナムに行った」

 記憶力が悪いくせに、とにかく“つまみ食い”が好きなんです。あれも、これも、と読んでいるうちに、内容なんかチンプンカンプン。上記3冊は、とりあえず読んでいる記憶があるやつね。


◆よく読む、または特別な思い入れのある本

村上春樹「1973年のピンボール」
 ここらへんの本をあげるのは恥ずかしい歳になってきたけど、やっぱりいいな~。独身で「文化的雪かき」を仕事にして、対人関係も希薄でと、身につまされる物語なんだけど、探しに行く「ピンボール」もないと。やれやれ。

 ちなみにオイルショックと日本沈没上映はともに1973年でした。

写真2


向田邦子「思い出トランプ」
 死ぬまでにこんな文章を書いてみたいもんだと思ったし、書き写してもみたけれど、こりゃ、絶対に無理だよな。ため息が出るほど美しい文章。
 何も起こらない、淡々と進む話なのに読むのがやめられない。文章に力があるってはこういうことだろう。
 僕がこれと同じ程度に読者を引きつけるためには、死ぬか生きるかってな修羅場を1冊に100個ぐらい書き込まなくちゃもたないな、うん。
 ノンフィクションでやったら完全に命ないよ~(T_T)

午後の曳航 三島由紀夫
 なんで好きなんだろう? よくわからんな~。たぶん怖い子どもの話が好きなのかも。でも、好きだったのは高校時代。


 もう、子どもに殺される年齢になっているから

好きじゃなくなっているかも(笑)
 これが歳をとるということなのかしらん。

AV女優 永沢光雄
 けっしてうまい文章じゃないんだけれど、長尺もののインタビュー記事を最後まで読ませたいって意気込みに溢れているのね。初出がエロ本だから面白くない記事だと読んでくれない。そんな意識が工夫を生んだのかもしれないな。ビートたけしが浅草のストリップ劇場で笑いの技術を磨いたようなものでしょうか。
 いずれにしても尊敬に値する本だと思う。

聖の青春 大崎善生
 泣かせんなよーってな作品です。もう「泣きツボ」押しまくり。反則だね。ここまでツボ押されると、泣くよな。


 あー、「泣きツボ」を探れる人間になりてぇ~!

 あいつと話すと必ず泣けちまうとか、彼の文章は聞いていると自然に涙が頬を伝わるとか、そんな技術がほしい!!! 
 どんなに悲惨なことがあっても、みんなに笑われるんだよな~。いや、ウケを狙わなくても。それどうよ……。

―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ―― ※ ――
次回の予告!
僕の失敗談に戻ります。
更新しなかった夏の間に、


たろー人形に家具を作ってくれる人が

見つかりました!


で、オフィス家具が揃いました。
というわけで、次回はオフィス内での体験です。
お楽しみに。


スポンサーサイト
  1. 2005/09/14(水) 10:06:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<書けないvol2 | ホーム | 書けないVOL.1>>

コメント

ぎゃーすみません ○| ̄|_

せっかく励ましのコメントをいただいたのに、
けしちまった……。
何度も読み返してニタニタ笑おうと思っていたのに……。
名前を覚えていないんですが、すみません。
また、投稿してください。
それから、今後は定期的に更新したい! のね。
  1. 2005/09/15(木) 23:22:01 |
  2. URL |
  3. たろー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tachibuki.blog9.fc2.com/tb.php/4-5400a7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。